「遠友夜学校」に学ぶ”遠友再興塾”
新渡戸稲造夫妻が創設した遠友学校の精神を学ぶ

プロフィール

Author:遠友再興塾
札幌の誇り、教育の基、文化の香り、遠友夜学校の再興を目指す”遠友再興塾”
<遠友再興塾・事務局>
〒060-0053札幌市中央区南3条東3丁目マルキン本社ビル5F
〇連絡先
Fax:011-894-5530
mail:inazo@utopia.ocn.ne.jp 
📱:090-2699-4392
担当:木村良三(イナゾーアーキテクツ)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠友再興塾規約

夫妻画像B
(会の名称および事務局)
第1条
  この会は「遠友再興塾」と称する。
事務局をエイジス北海道株式会社内(札幌市中央区南3条東3丁目18番地)に置く。
(目  的)
第2条 
  新渡戸稲造先生と萬里子夫妻の創設した遠友夜学校が札幌東地区にあった事に大きな誇りを持って、その精神を受け継ぎつつ、まちづくり運動を進める。そしてその歴史的意義を国内外に発信していく。
(事  業)
第3条
  (1)遠友夜学校の顕彰とその実践としての講演会・読書会等開催
 (2)「学問より実行」で地域社会に貢献する
  (3) 歴史おこしからまちおこしの地域活性化へ
  (4) 郷土の誇りの文化財保護活動の次世代への継承
  (5) 教育の原点であるこの地を、将来を担う子供たちが見聞し遠友夜学校の精神を学習
する。
(会  員)
第4条
  正会員は、第2条に掲げた目的に賛同する方で、役員の推薦する者とする
賛助会員は、当会の趣旨に賛同する方で、当会の活動や運営を応援する者とする。
(入  会)
第5条
正会員の入会には、指定の会員申込書の必要事項を記入し、事務局に提出し役員の承認を以って正会員とする。
 賛助会員の入会は、会費の払い込みを以って賛助会員とする。
(入会金と会費)
第6条
  年会費を正会員・賛助会員とも一人につき定額で設定する
一年分の会費を一括払いとする。但し、半期毎の年2回払いも可とする。
  いずれの場合も振込料は会員負担とする。
(会員資格の喪失)
第7条
  正会員・賛助会員本人の死亡、または規約違反行為があつた時、または会費の滞納し催告を受けて
納入しない時は、会員資格を喪失する
(退  会)
第8条
  正会員・賛助会員は、第7条に定める会員資格喪失のあつた時、または会員が退会届を代表に
提出したときをもって任意に退会する事ができる。
  その場合、当該年度の年会費の支払いをもって退会の手続きが終了となる。
(役員および幹事等の定数)
第9条
  この会に、次の役員・幹事等を置く
(1)代表   1名
(2)副代表  1名
(3)幹事長  1名
(4)事務局 3名(内訳 事務局長1名、会計1名、書記1名)
(5)幹事   20名
(6)監査   2名
(役員・幹事等の選任)
第10条 
  役員とは、代表、副代表、幹事長、事務局長の4名とする。
  役員は、総会において選出する。幹事等は、幹事会において選出する。
  但し賛助会員は役員・幹事等にはなれない。
(役員・幹事等の役割)
第11条
  代表はこの会を代表し、会の目的達成を念頭に方針を決定し全ての活動の統括をする。
  副代表は、代表の不在等の場合の代行をする。
  幹事長は、全ての活動の具体的な行動指示を事務局及び幹事にし、全体の指揮を執る。
  事務局は、会の事務手続き、会計、総会・幹事会の準備と書記を担当する。
  幹事は、幹事長から指示された活動につき、的確迅速に行動に移し、結果についての報告を迅速に行なう。
  監査は、事務局から報告された会計につき、厳正なる監査を行ない、総会には監査報告を行なう。
(役員の任期)
第12条
  役員の任期は、2年とする。但し再任は妨げない。
(役員・幹事等の解任)
第13条
  役員が次の各号の一つに該当する場合には、総会の議決により、これを解任することができる。
  幹事等の解任は、幹事会の議決により、これを行うことができる。
(1)心身の故障のため、当該職務の遂行に支障をきたしたとき。
(2)職務上の義務違反やその他役員幹事としてふさわしくない行為・言動があつたとき。
(総会および臨時総会)
第14条
  この会の総会は、通常総会と臨時総会とする。
  総会は、正会員を以って構成する。
  総会は、次の事項について協議する。
(1)規約の変更
(2)事業計画および収支予算並びにその変更
(3)事業報告および収支決算報告
(4)役員の選任及び解任
(5)年会費の設定・変更
(6)その他運営に関する重要事項
(総会の開催)
第15条
  通常総会は、毎年1回開催する。
  臨時総会は、代表が必要と認めた時に開催する
(総会の召集)
第16条
  総会は、代表が招集する。
(総会の議長)
第17条
  総会の議長は、代表または代表が指名した者が行なう。
(総会の成立)
第18条
  総会は、委任状も含めた正会員の3分の1以上の出席によって成立する。
  但し、欠席正会員は、委任状の提出によって総会出席とみなされる。
(総会の議決)
第19条
  総会の議事は、出席した会員と委任状の過半数をもって決し、可否同数の場合は、議長の決するところとする。
(議事録)
第20条
  会議の議事録は、事務局の書記が作成する。
(幹事会)
総会並びに役員会で決定した事項につき、情報共有と具体的に活動計画を立案し、実施に移すための会議を定期的に開催する。

附則
1.この規約は、この会の設立の日から施行する。
2.この会の設立当初の役員は、設立総会にて決める。
3.この会の設立の事業年度は平成27年4月1日からとする
4.正会員の会費は、月額1,000円とし、年一括払いは12,000円、半年毎の2回払いは各6.000円とする。
 5.賛助会員の会費は、月額500円とし、年一括払いは6.000円、半年毎の2回払いは各3.000円とする。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。