「遠友夜学校」に学ぶ”遠友再興塾”
新渡戸稲造夫妻が創設した遠友学校の精神を学ぶ

プロフィール

Author:遠友再興塾
札幌の誇り、教育の基、文化の香り、遠友夜学校の再興を目指す”遠友再興塾”
<遠友再興塾・事務局>
〒060-0053札幌市中央区南3条東3丁目マルキン本社ビル5F
〇連絡先
Fax:011-894-5530
mail:inazo@utopia.ocn.ne.jp 
📱:090-2699-4392
担当:木村良三(イナゾーアーキテクツ)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新刊の案内

新渡戸稲造は
  なぜ『武士道』を書いたのか 
愛国心と国際心
                                草原克豪著 PHP新書3月1日第1版

「はじめに」より抜粋
  今日、グローバル化時代を迎え、あらためて日本と日本人の発言力が問われている。
そのためには英語によるコミュニケーション能力を身につける必要もあるだろう。しかし、
発信力とは単なる英語力の問題ではない。大事なのは何を発信するか、何を主張するかである。
伝える中身であり、その人の拠って立つ思想である。
  そのためには、まず祖国の大地にしっかりと根を下していなければならない。自国の歴史や
伝統、文化に対する深い理解と愛情を持ち合わせていなければならない。
新渡戸稲造の発信力を支えたのも、日本の文化への造詣の深さと祖国に対する限りない愛情であり、
それを伝えるべき相手の立場や気持ちを思いやる心であった。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。