「遠友夜学校」に学ぶ”遠友再興塾”
新渡戸稲造夫妻が創設した遠友学校の精神を学ぶ

プロフィール

Author:遠友再興塾
札幌の誇り、教育の基、文化の香り、遠友夜学校の再興を目指す”遠友再興塾”
<遠友再興塾・事務局>
〒060-0053札幌市中央区南3条東3丁目マルキン本社ビル5F
〇連絡先
Fax:011-894-5530
mail:inazo@utopia.ocn.ne.jp 
📱:090-2699-4392
担当:木村良三(イナゾーアーキテクツ)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「紙芝居~ここに遠友夜学校があった日~」公演決定っ!!

平成28年6月18日(土) 於 新渡戸稲造記念公園(南4条東4丁目)
 遠友夜学校が札幌の中心地にあった事をもっと多くの札幌市民に知っていただきたい。
また、子供たちに勉強の大切さや楽しさを知ってもらいたい。
我々遠友再興塾のそのような熱い想いをどうしたら実現できるか。
遠友夜学校が札幌にあった事を知って、合わせて大人も子供も一緒に楽しめるものはないかと考えた結果、
紙芝居を作ろうというプロジェクトが立ち上がりました。
 紙芝居は遠友夜学校のあった頃の子供たちの大きな楽しみの一つであったと思われます。
この点からも当時を回想する意義がある事でしょう。
1とらさん
紙芝居の製作には、2011年から紙芝居屋の母の後を継いだ2代目紙芝居師の「三橋とら」さんに
お願いをいたしました。
彼女は、東京・北海道を中心に紙芝居の巡業活動を精力的に行っています。
きっとすばらしい遠友夜学校の物語が出来上がることでしょう。とらさん2

そして記念すべき初回公演は、遠友夜学校のあった現在「新渡戸稲造記念公園」になった公園内で行います。
西側入り口3
 北海道のベストシーズンと言われる6月の開催、また参加費は無料となっていますので、是非ご家族、
お知り合い等々、お誘いあわせの上、たくさんの方々にご参加いただければ幸いです。

スポンサーサイト

「遠友来楽通信』2号発刊

 山﨑代表挨拶
遠友再興塾の目的は「遠友夜学校の精神を受け継いでまちづくり運動を進める」ところにありますが、
この1年は「かでる27」で水崎呈氏を講師に「教育者新渡戸稲造先生」のテーマで講演会を開催したり、
一般市民の参加を得て、新渡戸先生のゆかりの地を訪問する「遠友ウォーク」を開催しました。
また、市議会文教委員会の遠友夜学校を勉強する会で佐藤幹事長が説明してご好評を得ました。
それらは各幹事及び理解ある市民各位のご協力のお蔭です。誠に感謝に念に耐えません。
 
またこれからは、輝かしい遠友夜学校の理解を深める活動を促進し、多くの人々に遠友夜学校の
精神を受け継ぐ活動に参加頂きたいと考えます。そのためにも原田与作市長が遠友夜学校の跡地の
寄付を受ける時に約束された勤労青少年の為の施設と遠友夜学校の記念室の再建を跡地にするよう
お願いして行きます。勿論、原田市長は約束を守りました。跡地に勤労青少年ホームと遠友夜学校資料室を
設けたのです。最後の校長半沢洵さんは「これで精神が永久に残されることになりました」と喜び、
原田市長の後任の板垣市長も「私は喜びと誇りを感じるのです」と述べています。

しかしその施設は今は無く、公園になっています。貴重な資料は北大に無償譲渡されています。
私どもはこれから世界に誇る新渡戸稲造博士の志を受継ぐ仲間を増やして社会活動を進めて行きたいものです。

今期の活動行事予定
2016年
5月中 読書会
6月18日 遠友夜学校紙芝居上演(遠友夜学校跡地)
8月中 遠友ウォーク&納涼ビール会
10月中 第3号遠友来楽通信発行
遠友夜学校紙芝居上演(会場未定)
12月中 研修会、忘年会
2017年
2月中 読書会
4月中 第4号遠友来楽通信発行、総会




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。