「遠友夜学校」に学ぶ”遠友再興塾”
新渡戸稲造夫妻が創設した遠友学校の精神を学ぶ

プロフィール

Author:遠友再興塾
札幌の誇り、教育の基、文化の香り、遠友夜学校の再興を目指す”遠友再興塾”
<遠友再興塾・事務局>
〒060-0053札幌市中央区南3条東3丁目マルキン本社ビル5F
〇連絡先
Fax:011-894-5530
mail:inazo@utopia.ocn.ne.jp 
📱:090-2699-4392
担当:木村良三(イナゾーアーキテクツ)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学問より実行―新渡戸校長のお話―6

長く話しをして時間を取るのも如何かと思ふから本校の始めて出来た時の心持を一口に云へば犠牲と云ふべきである。孤児が金をためたものを敢て本校の為でなかったかも知れないが、食べ度いものも犠牲にしてためたのだ、又家内も二千円で三越で着物を買へば立派なものが買へ、又余る程着物があるのではないが之は学校の為だと思ひ我慢して出した。又此處においでの先生も外の事で時を過せば過せるのに皆様の為に何かお務が出来るかと来て下さる。又寄附をせられる方々も額の如何を問はず使ひ道がある可金を出す世の中美しい。自分が一個の為のみでは世の中は存在しない、人の為と思へばこそ嬉しい。故に此の学校の関係者の心も考へ親達の意を考えへ、即ち遠友の意を考へ、若い中にも学校の内でも自分の出来る事なら人の為にする。学校を出てからも尚如何にせば世の為人の為になるかを考へ、何事によらず人の心の表れだから、学校の歴史、先生のなさる事又学校を助けてくれる人や学校の何背かぬ様互いに心掛け、唯に本を読み算術をするのが学校の仕事と思はず、人格を養成し明るい気分の人を養ふ事が目的である。

今日は始めて会った、何かお土産をと思ったが待て学校へ行って見て何か必要なものがあればと土産に代へようと手ぶらで来ました。
先生のお話では本がいいと云はれたので若し諸君が読むなら五十冊や百冊は余って居るから余りむずかしくないものを記念に送ります。充分に利用して下さい。但し読書には注意して眼を大切にして下さい。

私も相当な年輩になっているがニ十年たてば又来ませう。丁度其の時は此處においでの方も立派になって居るだらう。再会を楽しみにして今日は御礼を云ひます。

※この講話の後教員室で他の三枚ととも揮毫されたものです、
それは本来、感激の来校講話された跡地にあるべきものではないでしょうか?
学問より実行学問より実行
何人にも悪意を何人に対しても悪意をいだかず、すべての人に愛をもって
※新渡戸精神を体現した「遠友夜学校」を凝縮した講話であり、当時(昭和6年)録音機器の無い時代この講話を書き留めていただいた事に感謝したい。
※カテゴリーからですと1から連続して読めます。

スポンサーサイト

学問より実行―新渡戸校長のお話―5

此の部屋へ来たら此處(リンカーンの写真)を見なさい、リンカーンは貧乏な子供の時には藁を寝台として藁をかぶり靴もはかずに過ごした。学問したくも学校なくペンもインクもなかった、或は薪を裂き白い所に小枝を取って来て焼き黒くしてはペンの代りとし手本を置いてABCを習った。今日の行き届いた教育から見れば如何してこんな事で字が覚えられるのかと思ふが行き届かない所に教育がある。余りに行き届いた所には却って教育が行届かぬ。私の米国の知人に行届いた学校の物理の先生がある「此の線と線とを合はすとピカッと光るょ」と先生が云ふと生徒は皆んなアッと口をあけて見て居る。まるで手品かなんかみたいだ。もう一人の知人は行届かぬ学校の先生で「お前硫酸を買ってこい」「硫酸は何処で売っているでせうか」「鍛冶屋にも八百屋にもない、お前考へて買っておいで」「針金を買っておいで」「買ったことありません」「それではいいあんばいだ、太さ長さを見はらかって買っておいで」此の様に生徒に皆んなやらせる、一寸見ると前の方がいい様だが設備のよい所では口をあく、不設備の所では今云った如く銘々でやる。「あの針金は俺が買って来たのだ」と銘銘が其の成行を見守る、遠友は殊の外設備が悪いと云ふのではない、成るべくは良くしたいがそれよりも大事なのは皆の心だ。物理なり動物の実験をする時見るものはよく見、する事はよくする、此処に教育の本当の事がある。
エイブラハム・リンカーン
学問より実行は"こころ"


学問より実行―新渡戸校長のお話―4

万事私に代って代表をして下さった人は何んと偉い人ではありませんか、近頃は専ら半澤先生が色々の事をして下さる。教育は物を覚えることよりも立派な人だとされる方が後々の成功も確かだ。現に私の家で沢山人をつかって居るが御飯炊きのばやが居る。此の人は四十幾つで広島の田舎に育ち百姓の家に早く嫁ぎ朝となく夕となく働きい、本を読む余暇が無かったので字も書けず家に来て始めて字を覚えた。新聞に手習ひして三年で手紙が書ける様になった。然しこのばあさんは台所に居ても屋ても暗闇の太陽の様でニコニコして何をしても有難い有難いと云ふ、之は自分が作るからでなくて若い書生が文句でも云ふと「こんなものでも食べられぬ人がある有難い」と云ふから書生達も癪に障る事があっても此のばあさんの前ではだまって居る。で若い女も「あのばあやの為に家がどれ程よく行っているかわからない」と云ふ。之は眞の人間になって居るのである。学問とはつまり此の様な人になる事を目的とする。

四十年前に学校を開いた時は毎週三日宛来た、楽しみにして来た。其の時は人間になりきれない「ア―ン」と口を開いて居た「アンコ」が居た。私は第一に云った「口を閉めろ」「先生口を閉めたら息が出来ません」「鼻でしろ」「鼻はつまって居ます」「鼻がつまっているならかめ」それまで私の顔さへ見れば十人が十人鼻を動かした。どれ程学問しても口があいて居ると鼻を動かした。どれ程学問しても口があいて居ると皆口から出て了ふ。併しさっき教室を見て廻り大分いいなと思った。先生の御丹精の結果之でこそよいなあと思った。女子の生徒の手を見て歩いた。よく働き冬の中働いたひびの痕があるのを見ても、もうもっとも癒って居る時であらうが案外思ったよりより之は手入れがよいのだなあと思った。女は殊にそうである、手なり顔なり仕末をつけて置くものである。兎角油断すると顔だけ仕末するが手の方が大切である。今夜見て先生の丹精もあらうが銘々の丹精であらうと思った。昼の間働き夜学ぶのであるからスタートが先づ第一に好い。長官も此の学校を調べ良成績であったのを褒めた。

※まさに修養



学問より実行―新渡戸校長のお話―3

始めは何の名も付けずに学校を開いていた。先生達には農学校の学生さんに頼んだ。二千円で土地と家を買って全部費したので先生達には何にもお礼をしなかった。冬にはスト―ヴもいり夜は電燈が要る、三島、宮部氏其他の親しくして居た人々にお願ひして今日迄夜学校を維持して来た。
何の名も無く前に松が生えて居た。之は今は切って無いが蠣崎さんとか思ふが来られて「先生名がないから何かつけませう、唯夜学校では他に夜学校が出来たら困るから松の木があるから松の学校としては如何」と云はれた。併しそれも変なので元を質せば米国のような遠くから送って来た金且家内の発意にもより、又「有朋自遠方来不亦楽乎」とあるから両方とって遠友夜学校とした。此の句の意味は国も名も言葉もわからぬ人、何處の人とも云はれぬ人がやって来て会って話して見ると何となくわかる、其の様な人は名を知らず國を知らずとも心と心が合えば之即ち友達である。友達とは名を知るのが条件ではなく心は合へば良いのである。年齢が違っても位置が違っても、一人は高い役人でも一人は偉い学者でも金持ちでもそれは大した事はない。相会って金持ちだとて威張らぬ、学者だとて役人だとて人を見下げぬ、何となく気持が好い。こう云ふ悲ちと会ふと嬉しい人間の楽しみはなんと云っても気の合ふ人に会ふことである、此の意味を孔子は「有朋自遠方・・・・・」と云ったのだ。

此の学校を始めるに当り先生を頼んだ。学問の出来る人のみを頼んだのではない友達になれるー遠友になれる人、子供を可愛がる人、畢竟人と会って明るい気持ちで親切にして呉れる人を頼んだ。
だから遠友夜学校に来て居た人は立身する。

※新渡戸稲造の教育論の真髄です。
「子曰、学而時習之、不亦説乎、有朋自遠方来、不亦楽乎、人不知而不慍、不亦君子乎。」


学問より実行―新渡戸校長のお話―2

学校の始めは今より四十年前私が外国から北海道に帰り米国で貰った家内を連れて来た。私の家内の父が世話好きでいろんな人を世話し、或は家に泊め居き或は都合して困って居る人を助けるのが道楽であった。或る時みなし児で孤児院に居たのを引き受けて養って居た。年は十四、五で女中よりも良く取扱ひ教育されていた。父も母も家も無いそれで父の養女の様にして居た。年は取っても嫁かず家に残り家事を手伝ひ六十余歳迄長らへて居たが遂になくなった。遺言に小使ひを蓄めた幾何を(二千円と記憶するが)、家内にやって呉れと書いてあった。その金が札幌に来た。家内は其の有難い涙の籠った金、頼りない孤児の蓄めた金をむざ~とは使はれね。何か世の不幸な気の毒な人の為に使ふ道は無いかと云ふのであった。そこで私は「それはよい、丁度考へて居る事があって金が無くて出来なかったが豊平の橋の近所に小さな家が在り地面が在って其處には日曜学校を開いている星と云ふ人がある。あの土地とあの家を買ひ、日曜のみならず毎日夜学校を開けば五十人にでも好い学校を開いては如何」と云ふと家内は「よからう。そう云ふ様に此の金を使へば今のみなし児も定めし嬉ぶでせう」と云って地面と前の古い校舎を買った。故に私が校長と云ふものの校主とも云ふべきは私の家内である。此の家内も自分の金でなく父の世話をした人の蓄めた金である。

※当時の二千円を企業物価指数による算出方法で計算すると現在4.418.000円




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。